Masahの米国株投資ノート

レバレッジド・コア・サテライトで資産形成中。BTC、ETH少々。

TIGR撃沈

こんばんは。singaporeです。
昨日記事にしたTIGRですが、市場がオープンする前に成行で買い注文を入れていたところ、ほぼ一瞬で損切りがされました。。これで1月は2勝2敗です。

銘柄 購入日 購入額 (SGD) 保有日数 決済日 損益 (USD)
TIGR 2021/1/11 6342 0 2021/1/11 ▲ 244

この後、少し迷いましたが価格を持ち直したので試しにもう一度同じ取引を入れてみました。オニールの成長株投資では損切りルールは絶対的に8%以下です。こうしてみると個別株の値動きを考えると厳しい水準だなと思いますが、本では以下のように書かれています。

チャートを使って正しいベース(株価の揉み合い)から抜け出たばかりの銘柄をタイミングよく買えば、そこから株価が8%下落することはほとんどない。もし8%下落したら、銘柄選択を誤ったか、市場全体の下落の始まりを示していると考えられる。

引用:オニールの成長株投資法

あらためてチャートの分析力仕掛けの精度を上げていく必要性を痛感しました。時間はかかりますが、本で紹介されているチャート例をもう一度読み返し、実践で鍛錬を積んでいきたいと思います。やはり4割の勝率というのはそう簡単ではないなと。

なおSGDのキャッシュをUSDのサブ口座に移すことができましたので、もう一つ取引をしています。ONEWです。

f:id:singaporefire:20210113003939p:plain

f:id:singaporefire:20210113004002p:plain

ファンダメンタルズは良好です。出来高についてはTIGRほど急上昇はしていないですが、ここ4カ月ほどで形成したベースから新高値をブレイクアウトした状態です。ボラティティの低下も見られます。

1月中は取引をなるべく多く行い、今の相場感の中で自分の勝率(現在値)がどのくらいになるのかということを確認しておきたいと思っています。

また最終的に買いをいれるときは、S&P500やNADAQ総合指数などの主要なものを時間足チェックし、その日が押しの日なのか引けの日なのかぐらいはチェックした方がよさそうだなと思いました。思ったより全体の動きに引きずられるなという感触を持ち始めています。

ではまた次回。