シンガポール投資ノート

シンガポールでFIREを目指すサラリーマンの挑戦

ミネルヴィニの成長株投資法

こんばんは。singaporefireです。
投資方法についての情報収集を日々進める中で、ついにある1冊の本に出会いました。「ミネルヴィニの成長株投資法」です。

ミネルヴィニの成長株投資法

ミネルヴィニの成長株投資法

 

まだ半分ほどしか読めていないのですが、成長株に投資するための方法が膨大な分析と実際のトレードから纏められた、まさに珠玉の一冊です。本を読みながら自分がやりたい投資はこれだったんだと本当にしっくりきています。

これから暫くは、この本に書かれている内容を忠実に実行してみたいと思います。先日ご紹介した投資カビパラさんのNote「【保存版】楽しい米国株ライフのための役立つツールサイト集」で銘柄選びのためのツールについても分かりましたので、今後、成長株の銘柄選びはブログ、Twitterのお勧めは一切アテにせず、全て自分で調べて決定することにします。

さて、ミネルヴィニによる成長株選びの第一条件として「トレンドテンプレートの条件を全て満たすこと」とあります。これを満たさない銘柄はどれほどファンダメンタルズ(業績や指標など)がよくても購入すべきではないと言っています。

トレンドテンプレートとは、その銘柄が上昇トレンドを形成しているかどうかを見極めるための以下の8つの条件です。

  1. 現在の株価が150日(30週)と200日(40週)の移動平均線を上回っている
  2. 150日移動平均線は200日移動平均線を上回っている
  3. 200日移動平均線は少なくとも1カ月(望ましくは、ほとんどの場合、最低4~5カ月)、上昇トレンドにある
  4. 50日(10週)移動平均線は150日移動平均線と200日移動平均線を上回っている
  5. 現在の株価は50日移動平均線を上回っている
  6. 現在の株価は52週安値よりも少なくとも30%以上高い(最も良い候補の多くは底固めの期間を抜けて大きく上昇する前に52週安値から100%~300%、あるいわそれ以上も上げている)
  7. 現在の株価は52週高値から少なくとも25%以内にある(新高値に近いほどよい)
  8. レラティブストレングス(インベスターズ・ビジネス・デイリー紙のレポートなどでみられる、株価指数と比べてどれほど強いかの指標)のランキングは70以上、望ましくは80台か90台である。通常、よりよい候補の場合はこれらが当てはまる

 これを読んで本当に大事な移動平均線は50日、150日、200日だということを理解しました。今まではあまり意味も分からず5日?と26日?というオーソドックスなものを利用していました。

今保有している株の中で、残念ながらこの条件を完全に満たしていないものが一つあります。 MSFTです。

f:id:singaporefire:20201223232342p:plain

水色のラインが50日移動平均、オレンジが150日移動平均、赤が200日移動平均です。50日は明らかに150日、200日を下回っています。150日と200日もほぼ同じとなっています。ボラティティも上がっており、第3ステージの特徴がでているように見えます。

他の条件も確認していく必要がありますが、非常に成長株への投資という観点では非常にリスクの高い状態ですので、一旦売却し、調子のよい爆益ARKKに持ち替えることにします。こちらはETFですが依然としてきれいな上昇トレンドを形成しています。

今日はここまでにします。ではまた次回。