シンガポール投資ノート

シンガポールでFIREを目指すサラリーマンの挑戦

VOOをキャッシュポジション的に使う

こんばんは。singaporeです。
タイトルの内容から外れますが、初めに投資カピバラさんの【保存版】楽しい米国株ライフのための役立つツールサイトを紹介させれてください。

投資カピバラさんすごい

投資カビパラさんのNote上で本当に素晴らしいツールが数多く紹介されています。

note.com

中でも特に素晴らしいのはstockrowStock AnalysisMarketBeatの3つのサイトでしょうか。これらのサイトがあれば、もう銘柄分析のためにExcelをちまちま作る必要はありません。投資カピバラさん本当にありがとうございます。

さて前回は考えなしの分散投資をやめ、大きなリターンを生む集中投資にシフトするために、金ETFのGDXとIAUを売却することをご報告しました。この資金は速やかのビットコインの口座に移し、次に大きく下落するタイミングを待って買い増ししたいと思っています。

VOOをキャッシュポジション的に使う

もう一つ、今日はVOOをキャッシュポジションのように使うというやり方があることを知りました。投資家の中ではオーソドックな手法なのかもしれませんが、これはかなり賢い戦略だと思いました。

正直いってsingaporefireのような経験の浅い個人投資家にとっては、キャッシュポジションがいつも適正水準になるようにメンテナンスするのは、かなり難易度が高いです。やろうと思ってもどういうわけかすぐにフルポジションとなってしまいます。これはキャッシュである限りリターンを生まないということが関係していると思います。

その点、VOOはS&P500全体への分散投資です。個別株ほどでないにせよ、米国市場が成長を続ける限り、一定のリターンを生みます。キャッシュのようにリターンがゼロか、はたまたVOO相当か。この違いはキャッシュポジションの握力を高め、精神的にも大いに有利な状態になれます。

VOO(キャッシュポジションと同等)、ARKK、個別株5社、ビットコイン。ポートフォリオが徐々に集中に向かっています。このまま銘柄選定に対する確信度を高め、資産を大きく上昇させたいと考えています。

f:id:singaporefire:20201221234939p:plain

では今日はこの辺で失礼します。