シンガポール投資ノート

シンガポールでFIREを目指すサラリーマンの挑戦

シンガポールで証券口座を開設する(最終回)

こんにちは。singaporefireです。
こちらの記事でご紹介した書籍、ファイナンス思考で「利益は意見、キャッシュは事実」という言葉を知りました。P/L上の利益は解釈によって"作れて"しまうが、キャッシュはそういった余地がないため、企業の状態をより正しく表すということだそうです。FCFが重要というのはここから来ているんですね。勉強になってます。

さて今日はシンガポールで証券口座を開設するの最終回です。

ABSサイトのアカウント作成

無事にSaxo Marketsの証券口座を開けると、株式やETFなどの取引はできるようになります。先のSGXのe-LearningだけではCFDsがグレーアウトされており取引はできません。

f:id:singaporefire:20201212174141p:plain

CFDs取引を行う場合は、ABS(The Association of Banks in Singapore)という機関が提供する追加のe-Learningを受講する必要があります。

ABS E-Learning Portal for Invest

ABSサイトでCFDsのe-Learningの受講し試験をパス

アカウントを作成してログインすると以下の5つのコースがあります。CFDs取引を行いたい場合は一番上ですね。SGXと同じようなe-Learningとクイズ形式のアセスメントをパスする必要がありますが、こちらはもう少し簡単でした。

  • Contracts for Difference (CFDs)
  • Foreign Exchange Margin Trading
  • Structured Deposits & Dual Currency Investments
  • Structured Products
  • Unit Trusts and Investment-Linked Insurance Policy
singaporefireはCFDしか受けなかったのですが申請したらFXなども全て取引ができるようになりました。

Saxo MarketsでCFDsの解放を申請

無事にパスできましたら、Saxoに問い合わせを行います。SaxoTraderGoにログイン後、右上の問い合わせからチケットを作成してください。

f:id:singaporefire:20201212180507p:plain

大体1~2日でサポートから連絡が来ますので、後は取引ツールにチェックを入れると無事に完了です。このようCFDが銘柄啓作から選べるようになります。

f:id:singaporefire:20201212180710p:plain

最後に

全4回と長くなりましたが以上です。これからシンガポールで投資を始めようという方の参考に少しでもなれば幸いです。なお内容はすべてsingaporefireの経験に基づくものなので、最新でない情報、正しくない情報もあるかもしれません。ご了承ください。

では失礼します。