シンガポール投資ノート

シンガポールでFIREを目指すサラリーマンの挑戦

Keysight Technologies(KEYS)

こんばんは。singaporefireです。
個別株を選ぶうえで重要なのはやはり投資する企業をよく知ることだと思います。最近以下の本を読み始めました。Amazonのように大きく成長する企業は、ファイナンス的にどのような特徴を持っているのかということが少しでも理解できればと考えています。 

 今日はKeysight Technologies(KEYS)という会社について書きます。2014年設立とありますが歴史は古く、なんとHPの祖業ある電気・電子計測機器の製造、販売を行っている会社とWikiにはあります。日本語のホームページもありますね。

www.keysight.com

  • キーサイト・テクノロジーは米国の電子計測器メーカー
  • ヒューレット・パッカード(Hewlett-Packard Company)の祖業である電気・電子計測機器の製造、販売が発祥
  • 無線通信、航空、宇宙、防衛、半導体の市場に、電子計測機やシステム及び、関連ソフトウエア、ソフトウェア設計ツール、電子機器を提供
  • 関連サービスには、起動アシスト、計器の生産性と活用、計器の較正と修正を含む
  • 本社はカリフォルニア州
  • 2014年8月にアジレント・テクノロジーの電気・電子計測機器事業が事業分離され、キーサイト・テクノロジーとして新たに出発した

株価の推移です。前身の会社がありますのでチャートは以前からありますね。既に大きく上げてしまっているように見えます。

財務状況です。2020年は新型コロナで少し停滞したようですが健全です。

f:id:singaporefire:20201206225455p:plain

PERは37.2倍です。引き続き安定した業績が見込める会社ではありますが、先のVontierに比べると株価が既に上昇している感は否めないので、少し点数を低くつけました。

Symbol Security Founded 業績 事業 株価 合計
VNT Vontier 2019 3 4 4 11
KEYS Keysight Technologies 2014 3 2 2 7

設立の浅い順に分析をしていきます。ではまた明日。