シンガポール投資ノート

シンガポールでFIREを目指すサラリーマンの挑戦

Shopeeを使ってみる

こんばんは。singaporefireです。
昨日の記事でSeaの四半期レポートを確認しましたが、引き続き自分なりの方法でSeaへの理解を深めていき、継続的に投資すべきかどうかという点について考えてみたいと思います。

まずはSeaが提供するサービスを使ってみようということで、主力のEコマースアプリであるShopeeをインストールしてみました。

今は12.12のセール中で変なおじさんがいきなり登場します(有名人?)。↓はトップ画面です。Amazonに比べて少しゴチャっとしたイメージです。

f:id:singaporefire:20201124230448p:plain f:id:singaporefire:20201124230506p:plain

アカウントメニュー画面とモール画面です。モールはおそらくAmazonマーケットプレイスのようなサービスですね。自分のお店を開けそうです。

f:id:singaporefire:20201124230639p:plain f:id:singaporefire:20201124230721p:plain

もうひとつFeedというメニューがあり、何かタイムラインのような、ソーシャルメディアのような機能を提供しているようです。

f:id:singaporefire:20201124230936p:plain

Shopeeはなんとクリスティアーノ・ロナウドがCMをしています。シンガポールの町中では、時々このShopeeの広告タクシーをみます。

f:id:singaporefire:20201124231123p:plain

 最後に少し古いですが、東南アジア各国のEコマースTop10です。LazadaとShopeeがしのぎを削っている様子が伺えます。Lazadaはアリババグループです。つい先日Redmartという生鮮食品を扱うEコマースを傘下に収めました。Shopeeはテンセントが支援していますね。シンガポールでは、確かにLazadaの方がShopeeよりも使っている人が多いいイメージですね。AmazonはTop10に登場せず、この表からも海の向こうの会社という感じです。プライムビデオも全然種類がありません。

f:id:singaporefire:20201124231856p:plain

次回は株価を下げた原因にもなったSeaの大幅赤字についてて問題かどうかを分析してみたいと思います。ではおやすみなさい。